人身事故の被害者は必ず慰謝料を貰うことができるの?

人身事故の被害者になってしまった場合、気になるのは慰謝料。治療費や見舞金なども気になるところですが。ここでは慰謝料を貰うことができるのか?に焦点を合わせてお話をしていきます。

被害者であれば慰謝料を貰うことができる


結論から言うと、慰謝料は、人身事故の被害者となってしまった場合、貰うことができます。どこから貰うことができるのか?に関しては、色々な出処があるため、一言では伝えることができませんが。例えば、自賠責保険で貰うことができる慰謝料。
入通院慰謝料や後遺症傷害慰謝料の2つがあります。したがって、この慰謝料に関しては、あくまでも「被害に遭ってしまった後、治療をした場合に貰うことができる」という但し書きが。つまり、加害者側からの「誠意」ではないということは理解しておきたいところです。

所定の手続きを行わなかったら…貰うことができない場合も


慰謝料を貰うためには、その場で示談をする以外は、様々な所定の手続きを踏まなければなりません(当事者同士で示談をするときも色々な手続きをした方がよいですが)。例えば、事故に遭ってしまった後、しっかりと警察に人身事故扱いにしてもらうために、医師の診断書を用意するなど。
極論ですが…これをしないと、保険会社は「詐欺の可能性がある」と判断してしまい、慰謝料を払わないという姿勢になってしまうこともあります。兎にも角にも、このような、様々な手続き(警察へ診断書を提出するなど)を行わないと、貰えるはずの慰謝料が、貰えないというケースに発展することもあることは理解しておきたいところです。

慰謝料は貰うことができるため前準備を

最後に…。慰謝料は人身事故の被害者になれば、必ず貰うことができます。しかし、貰うためには、しっかりとルールに則った行動を起こしていかなければなりません。だからこそ、いざというときのためにも、基本的な知識は身に付けておいて備えておくことを強くオススメします。