人身事故の後…後遺症が残ってしまった場合はどうしたらよいの?

非常に怖い話ではありますが…交通事故の被害者になってしまい怪我を負ってしまうった場合、後遺症が残ってしまうというケースが考えられます。考えたくはありませんが、もしそうなってしまったときのためにも、後遺症が残ってしまった場合、どうしたらよいのか?について触れていきます。

そもそも後遺症と何を指すのか?


まず頭に入れておきたいのは、後遺症とは何か?です。後遺症とは、治療をし続けているにも関わらず、完治しないことを言います。ただ、後遺症と一言で言っても、実に様々な症状が挙げられます。
言い方を換えると、後遺症が残ったとしても日常生活に何ら問題ないケースと、大きな問題…いわゆる重度な障害が残ってしまうケースと分けられます。実は、ここで伝えたい後遺症とは、後者の重度な障害に方です。もし、このような状態になった場合、後遺障害等級認定が行われることになります。

後遺障害等級認定を元に慰謝料の増額ができる


重度な障害を残してしまった場合、後遺障害等級認定が行われます。このとき、認定された等級によって慰謝料が増額できるような仕組みになっているわけです。したがって、もしこのような判定がされてしまった場合、やるべきことは…必要な書類や資料を作成し保険会社に提出することになります。これで増額ができるようになります。
しかし、肝心の書類や資料の用意は、自分自身で行うのは困難です。そこで頼るのは、加害者側の任意保険会社に依頼したり、弁護士に依頼をしたりと、いわゆる被害者の代理人に任せることが一般的です。

保険屋などに相談をして指示を仰ぐ

ともあれ、まず行うべきことは、自身が加入している任意保険会社に連絡をして相談することです。そうすれば、必ず次にどのような対応を取っていけばよいのか?を丁寧に指示をしてくれるため、それに従っておけば問題ありません。任意保険会社によっては、そのまま全てを担って増額請求をしてくれるケースもあります。