後遺症は判断が難しいけど…ある程度のガイドラインがある

交通事故により不幸にも怪我をしてしまった。しかも、それが後遺症を残すような怪我だった。これは、誰にもでもあるリスクだということは言うまでもありません。そんな最悪の「後遺症を残すような怪我」ですが…「本当に後遺症なのか?」と判断が難しいところ。そこで、ここでは、その後遺症の状態によって慰謝料を決めるガイドラインについて説明をしていきたいと思います。

後遺障害等級認定と呼ばれるガイドライン


後遺障害等級認定とは、障害の大小を決めるためのガイドラインで1等級から14等級までが存在しています。1等級が非常に重たい後遺障害で、14等級が重たい後遺障害となっています。読んで分かる通り、このガイドラインは生活していく上で支障があるレベルの認定措置となっています。
1等級は、両眼の失明、言葉を喋ることができなくなった、両手や両足を切断してしまったなど…文章を読むだけでも嫌になるほど重度な障害になります。14等級は、3本以上の歯を失った、聴力が著しく低下(近くの小声が何とか聴こえる程度)、手の指を1本失った(親指以外)などになります。
このように、完治が不可能であり、加えて日常生活が難しくなってしまった場合に認定されることに。

1等級違うだけで手にする慰謝料が大きく変わる


先ほど紹介した後遺障害等級認定ですが、1等級が違うだけで、貰うことができる慰謝料の金額が大きく変わってきます。
例えば、1等級の場合は「2,800万円」ですが、2等級になると「2,370万円」になります。約400万円の差となるため、非常に大きな差と言えます。したがって、等級間のガイドラインで非常に微妙な線に当てはまってしまった場合は、当然、多くもらえるようにしたいところ。今後、お金が多く必要となることは目に見えていますからね。

とにかく色々なところに相談を

正直なところ、このような状況になってしまった場合、しっかりと自分自身で判断をして適切な行動を取っていくことは中々難しいものです。気が動転していますし、何よりもそんなことは考えたくありません。
だからこそ、病院、保険会社など、その道のプロに相談をすることが大切になってきます。