人身事故の慰謝料請求は弁護士に頼んだ方がよい?

人身事故の被害に遭ってしまった場合、当然、慰謝料を貰うことができます。しかし、この慰謝料…意外とトラブルに発展することも多いですし、事故の規模が大きく怪我の度合いによって、事がスムーズに運ばない場合も。そんなときに頼りになるのが「弁護士」です。

スムーズに事が運べば頼まなくても問題ない


弁護士に依頼し任せておけば、安心して慰謝料を貰うことができる確率が高くなります。つまり、プロなので被害者としては何も心配をしなくてもよいわけです。しかし、その分、依頼料など高いお金が必要になってしまうことに。
そこで頭によぎるのが「本当に弁護士に依頼をしなければならないのか?」という点です。結論から言えば、大きなトラブルになっていなければ依頼をしなくてもよいです。厳密には任意保険会社に任せておけばよいだけのお話です。

任意保険の特約で無料サービスがあれば積極利用を


例外的に、もし任意保険の特約で「弁護士の無料相談サービス」というものが付帯していれば積極的に利用するとよいでしょう。ただし、場合によっては、実際に依頼をするとなったときお金が発生することもあるということ。
しっかりとサービス内容を理解して、上手に特約の無料サービスを積極的に利用していくとよいと考えます。その結果、そのまま弁護士に依頼をした方がよいか?それとも、任意保険会社に依頼をしておけばよいか?の判断をすれば問題ありません。

大きなトラブルが無ければ任意保険会社に任せておけばよい

ともあれ、ここで一番伝えたいことは、慰謝料請求はよくあることだということ。つまり、ルーチンワーク化されていることもあるため、難しい話ではないのです。となれば、専門知識を有している弁護士に頼まなくても、任意保険会社に依頼をしておけばよいというわけです。ただし、色々とトラブルに発展してしまった場合は、一択で頼ることをオススメします。