加害者の加入保険の提示額が少なかった場合…被害者はどうしたらよい?

人身事故なり、車同士の事故、自転車同士の事故…と、外に出ればいつでも交通事故に遭ってしまう可能性を秘めています。そして、もし事故の被害者になってしまった場合、加害者が加入している任意自動車保険から補償金額が支払われます。もし、この金額に納得がいかなかった場合はどうしたらよいのでしょうか?

保険会社独自の算出方法がある


一応ですが、補償金額のガイドラインというものが存在します。どこの保険会社も、まずはこれを参考にしておおよその金額を算出することになります。が、保険会社としては、示談金を極力払いたくないのが本音です。利益が減ってしまいますからね。
したがって、保険会社によっては、算出された金額よりも少なく提示することがあります。つまり、保険会社独自の算出方法があるわけですね。となると、被害者側としては、納得がいかないのも当然の話というわけですね。

納得がいかない場合は「徹底的に話し合う」ことが基本


納得がいかない場合は、結局のところ、保険会社と徹底的に話し合うということになります。そもそも「この金額でよいですか?」と保険会社から連絡があるのが基本です。納得がいかなければ、同意せずに交渉に臨むことができるのです。
ただ、頭に入れておきたいのは、車同士の事故で被害者側の車が廃車になってしまった場合です。この場合、どうしても車の価値は日を追うごとに下がっていくため、新車を購入したときの金額は絶対に貰えません。ここは理解しておきたいところです。

示談金が少ないと感じることはよくある話

ともあれ、交通事故の被害者になってしまった場合、示談金は基本的に「少ない」と感じるということを念頭に置いておくとよいでしょう。つまり過度の期待をしてはいけないということです。だからといって妥協しなくてもよいです。徹底的に話し合って折り合いを付けることは可能なため、納得が居ない場合は、積極的に話し合いをしていきましょう。