交通事故時…加害者・被害者関係なく…まずは安全確保を

交通事故に遭遇してしまった場合、加害者でも被害者でもやらなければならないことがあります。それが安全確保です。特に加害者となってしまった場合、被害者側の安全を確保することも責務になります。ということで、安全確保について、掘り下げてお話をしていきます。

事故が起きる場所…イコール危険な場所と理解すること


そもそも事故を起こしてしまった場所というのは、元々事故が起きやすい場所の可能性があります。車を運転し始めるとよく分かりますが「事故がよくある場所」というものが必ずあります。死角が大きかったり、車の通りが激しかったりと。
となれば、もし「事故が起きやすい場所で、本当に事故を起こしてしまった場合は、さらに事故を誘発してしまう可能性がある」ということもあります。つまり、事故現場に、違う車が突っ込んでくるなどといった事故です。このようなことにもならないためにも、直ぐに安全確保に務める必要があるのです。

特に注意をしたい高速道路での事故


交通事故と一言で言っても、細かく見ていくと、実に色々な「交通事故」というものがあります。例えば、出合い頭の車同士の事故だったり、追突事故だったりと。その中でも危険とされるものが高速道路での事故です。ニュースなどで悲惨な内容を伝えているのも記憶に新しいところです。
だからこそ、高速道路で事故を起こしてしまった場合は、兎にも角にも後続車に事故を知らせ自身の安全を確保しつつも、他の人たちにも目配りするようにしたいところ。危険極まりないため、中々難しいところですが…だからこそ、正しい知識を身に付けて、更なる惨事にならないように努めることが大切です。

冷静沈着な行動が大切に

ともあれ、交通事故時の安全確保で一番大切なことは「冷静沈着に対処する」ということ。加害者であれば、いっぱいいっぱいになってしまったうかもしれません。被害者であれば、怪我が痛すぎて対応ができないかもしれません。それでも冷静で行動できるように努力をしたいところですね。