警察に必ず連絡することは基本中の基本だけど…色々とトラブルが発生してしまう?

事故を起こしてしまった場合、自身の安全確保、また他の人の安全確保もしていかなければなりません。これが一段落ついたら、まずは警察を呼ぶことになります。警察を呼ぶ理由は様々なですが、その中の1つにトラブル回避が挙げられます。一体、どういうことなのか?について触れていきます。

警察到着前に既にトラブルが


事故というのは、当事者同士、どうしても言い分というものがあります。50:50ぐらいの「どちらとも悪い」という状況は本当に厄介なものになる可能性があります。つまり、両者の言い分がぶつかり合ってしまい喧嘩状態になってしまうことも珍しくありません。
したがって、基本的には警察が来るまでは、自身の任意自動車保険に連絡をするなど、指示を仰ぎましょう。中には、あまり相手方と喋りたくないというケースもあるでしょう。激昂して会話にならない場合もありますからね。そのときは、とにかく余計なことは言わずに落ち着くのを待ちましょう。

自身が加入している保険会社に依頼するのも1つの方法


相手が落ち着くのを待つと言っても、物事には限度というものがあります。我慢が出来ないのであれば、全てを任意自動車保険の担当者にお任せしてしまってもよいでしょう。つまり、電話口で直接話しをしてもらうということですね。
保険屋は、いわゆるプロのため、この手のトラブルの対処はお手の物です。餅は餅屋という格言もありますし、専門家に任せた方が、断然良いというわけです。

余計なことはせずに任せておけばよい

ともあれ、事故に遭遇して警察に連絡した後、後は余計なことはしないことが得策です。もちろん、自身の安全確保や相手方の安全確保は重要ですが。それ以外は、自身が加入している自動車保険会社の言う通りに行動を起こしていけばトラブル回避をすることができます。